WiseNET 新装開店

クルマと事故の「よろず相談所」

営業品目

@新車・中古車販売
 店主の好みから欧州小型の輸入車を特に重視して、厳選して小数ですが販売しております。ご依頼に応じ、たとえ在庫になくとも希望のクルマを探すお手伝いをさせて戴きます。

Aクルマの故障修理、板金塗装
 走る、曲がる、止まるのクルマの三要素の完全復元と美観を合わせた品質第一、そして適切なリサイクルパーツ利用によるコストパフォーマンスに優れた修理をモットーとしております。もちろん保険扱いの板金塗装修理も承ります。これらは、2級整備士を所持した店主の責任において達成されることを信じております。

B中古部品販売
 主体はクルマ関係ですが、店主の嗜好からオーディオもしくはPC、ビジュアル製品まで扱っております。

C修理見積額の積算(および保険会社および打ち合わせ)
 メカニカルトラブルおよび事故などによる板金塗装修理について、実修理はしなくても見積額の積算を行います。また、必用に応じて保険会社との打ち合わせを実施し、その価格(保険金支払額)の協定(仮決定)を行います。

D事故にまつわる様々な困難や疑問へのアドバイザー
 交通事故が生じると官憲よる処分はともかくとして、様々な問題を生じるものです。それは、相手方との賠償問題やそれぞれの過失の割合、そして自分(自車)の損害をめぐる問題です。特に旧車などで生じる保険会社との車両価値(時価額)を巡る問題など、双方の思いに大きな差異を生みがちです。これら問題を、店主の約30年近くにおよぶ保険会社での活動による多くの実体験と知識により高次に解決すべく、進むべき正しい選択肢をアドバイスするものです。なお、場合によりですが、訴訟に耐えうる意見書としての提出も可能ですし、必用があれば意見証人として出廷も可能です。

Eその他
 警察もしくは検察、もしくは保険会社が判断した事故状況に疑問を感じたり、保険会社が云うことに納得出来ないことがあるでしょう。この様な事案につきまして、クルマと交通事故のスペシャリストたる第三者として、必用なる再調査を行いつつ意見を提出させて戴きます。
 また、整備、板金工場などクルマ関係の業社様で、納車後に生じたトラブルで疑念が持たれるが確たる証拠がないから解決できないなどという問題があります。この様な事案につきましても、訴訟に耐えうる意見書として提出させて戴き、お役に立って来た事例が多数あります。